メールウイルスチェック利用規約

( 規約の適用 )

第 1 条

  1. お客様は、本TAM Internet Service メールウイルスチェック利用規約(以下「本規約」)に基づき、株式会社TAM(以下「TAM」)が株式会社大塚商会のサーバを経由し、ウイルスチェック
    を行うことによってお客様に提供する電子メールウイルスチェックサービス(以下「本サービス」)を利用することができるものとします。
  2. 本サービスの利用に関する条件については、本規約に定めるものを除き、TAMが別途定めるTAMダイアルアップIP接続(端末型)サービス会員規約(以下「会員規約」)の規定が適用されるものとします。
  3. 本規約が会員規約と異なる定めをしている場合には、本サービスの利用に関する事項に限り、本規約の規定が優先するものとします。

( 規約の変更 )

第 2 条
TAMは、本規約の内容を変更できるものとします。この場合、あらかじめお客様に登録頂いたメールアドレスに電子メールを送信することで通知し(変更内容または変更後の本規約を掲載したウェブページのアドレスを付した電子メールの送信による通知を含む)、それ以後お客様が本サービスを利用したとき、お客様がその内容を承認したものとみなします。

( 用語の定義 )

第 3 条

  1. 本規約において、次の用語はそれぞれ次の意味で使用するものとします。
    1. 「利用契約」
      本規約に基づきTAMからお客様への本サービスの提供を目的として、TAMとお客様との間で締結される書面または電子媒体による契約を意味します。
    2. 「お客様」
      TAMと利用契約を締結した本サービスの利用者を意味します。

( サービスの内容 )

第 4 条

  1. 会員が利用できる本サービスの内容、条件、諸規定等(以下「諸規定等」)の詳細は、TAMによりウェブサーバ等に掲示することにより提示されるものとします。
  2. 諸規定等は、本規約の一部を構成するものとします。
  3. TAMが本サービスの内容の変更を必要と判断した場合、お客様に通知することなく、その必要な変更を行うことができるものとします。

( 利用契約の成立 )

第 5 条

  1. 本サービスの利用を希望されるTAM会員は、あらかじめ本規約を承認のうえ、TAM所定の方法により利用契約の申込を行うものとします。
  2. 利用契約は、前項の申込に対し、TAMが承諾したときに成立するものとします。

( 利用条件 )

第 6 条
お客様は、お客様が前条第1項の申込時に申請したメールアドレスにより受信される電子メールのウイルスチェックを行う目的にのみ、本サービスを利用することができるものとします。

( 本サービスの対価 )

第 7 条
客様は、本サービス利用の対価(以下「利用代金」といいます)として、TAMが別途定める料金表に従う金額をTAMが指定する方法により支払うものとします。

( 権利義務の譲渡禁止 )

第 8 条
お客様は、本サービスの利用権その他本規約に基づく権利、義務の全部または一部を第三者に譲渡し、承継させ、または担保に供することはできないものとします。

( 禁止事項 )

第 9 条

  1. お客様は、本サービスを利用するにあたり、次の行為を行わないものとします。
    1. 会員規約第17条の禁止事項に該当する行為
    2. TAMの書面による事前の承認を得ることなく、有償、無償を問わず第三者へ提供されるサービス(付加価値サービスとして提供する場合を含む)の一環として本サービスを利用し、もしくは、利用させる行為
    3. 本ソフトウェアのソースコードを調べ、リバース・エンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、修正等を試みる行為、または、TAMのサーバに不正にアクセスする行為

( 権利の帰属 )

第 10 条
本サービスおよび本ソフトウェアに関する著作権、特許権、商標権、ノウハウ等の知的財産権およびその他一切の権利は、TAMもしくはTAMにこれらを許諾した第三者に独占的に帰属します。

( 保証および責任の制限 )

第 11 条

  1. TAMは、本サービスおよび本ソフトウェアの正確性、完全性、有用性、特定目的適合性等を含む一切を保証するものではなく、本規約で特に定めのない限り、本サービスの利用不能、物理的な紛失、事故および誤用等に起因するお客様の損害につき一切の補償を行なわないものとします。
  2. 本サービスの利用に起因してお客様またはその他の第三者に生じた間接的、偶発的、付随的、結果的損害、逸失利益、特別損害に関してTAMはいかなる責任も負わないものとし、一切損害賠償をする義務はないものとします。本規約のもとで、理由の如何を問わずTAMがお客様またはその他の第三者に対して負担する責任の総額は、お客様が損害の生じる直前の1年間に本サービスの対価として実際に支払った金額の100%を上限とします。
  3. 本条の規定は、TAMの故意または重大な過失により生じたお客様の損害にはこれを適用しないものとします。

( サービス提供の中断 )

第 12 条

  1. TAMは、以下の場合、本サービスの提供を何らの予告なく停止することができます。
    1. 本サービスまたは本ソフトウェアの保守上または工事上やむを得ないとき
    2. 火災、停電等の不可抗力または第三者による妨害等により、本サービスの提供が困難になったとき
    3. 天災またはこれに類する事由により本サービスの提供が困難になったとき
    4. 前各号以外の事由により、TAMが本サービスに関わるシステムを停止する必要があると判断するとき
  2. TAMの責めに帰すべき事由により本サービスが全く利用し得ない状態が生じた場合において、当該状態が連続して24時間以上の期間継続したときは、お客様は、TAMに対し、当該利用不能時間を24で除した数(小数点以下の端数は切り捨てます)に月額利用代金の30分の1を乗じて算出した額を利用代金から減額することを請求できるものとします。ただし、お客様が当該請求をし得ることとなった日から3ヶ月を経過する日までに当該請求をしなかったときは、お客様はその権利を失うものとします。
  3. TAMは、翌月のお客様の利用代金から割り引くことにより、前項の減額を行うものとします。

( 解除および解約 )

第 13 条

  1. TAMは、お客様が以下の事項に該当する場合、何らの催告をすることなく利用契約を解除することができます。この場合、お客様は、本サービスを一切利用することはできません。
    1. 第9条各号の禁止事項に該当する行為を行ったとき、またはそのおそれがあるとき
    2. 本規約に違反し、TAMが7日間の猶予をもって改善の要請をしたにも関わらず、これが是正されないとき
  2. お客様は、TAMが別途定める方法により、利用契約を解約することができます。この場合、お客様が既に支払われた利用代金は返還いたしません。
  3. TAMは、1ヶ月前までに本サービスのサーバ上に掲示することにより、またはあらかじめお客様に登録頂いたメールアドレスに電子メールを送信することで通知することにより、利用契約を解約することができるものとします。

( 完全合意 )

第 14 条
本規約は、本サービスの利用に関し、お客様とTAMとの間になされたすべての取り決めに優先して適用されます。

( 準拠法 )

第 15 条
利用契約は、日本国法に準拠するもとのいたします。

tam