危険な迷惑メールを自動で隔離

迷惑メール対策サービス

迷惑メール対策サービスは、インターネットから届くメールの「迷惑メール度」を自動的に判定し、迷惑メール度の高いメールを隔離する事で、お客様に迷惑メールを届きにくくするサービスです。
  • 隔離リポートを毎日配信
  • 隔離されたメールは専用の画面で管理
  • 本サービスは、TAMインターネットサービスのメールアドレス(***@tam.ne.jp)をご利用の全てのお客様に適用されます
    (試験サービス期間のご利用料金は無料です)

迷惑メール対策サービス

    迷惑メール対策サービスは2018年3月29日にバージョンアップしました。
    主な変更点:

  • メール本文の迷惑メールらしさだけでなく、添付ファイルの安全性もチェックします
    これまでよりもより安心して電子メールをご利用いただけるようになります
    さらに安心してご利用いただくために、ウイルスバスター月額版、メールウイルスチェックサービスのご利用をお勧めいたします
    また届いた不審なメールの添付ファイルは開かないようにしてください
  • 隔離されたメールがある場合に届くレポート名が『脅威メール隔離レポート』となります
  • 迷惑メール対策サービスの動作変更については、意図しない変更によるお客様の不利益を防ぐため、変更をご希望の方は弊社までお問合せくださいませ

迷惑メール度判定について

「迷惑メール度 低」の場合 メールはそのままお客様のメールボックスに届きます。
「迷惑メール度 中」の場合 メールをお客様のメールボックスに配送せずに、隔離します。
隔離メールがある場合は、『脅威メール隔離レポート』が1日1回お客様のメールボックスに届きます。
「迷惑メール度 高」の場合 メールをお客様のメールボックスに配送せずに、隔離します。
隔離メールがある場合は、『脅威メール隔離レポート』が1日1回お客様のメールボックスに届きます。
  • 迷惑メール度の判定は様々な評価方法を用いて行っていますが、迷惑メールを100%隔離する事を保証するものではありません。
  • お客様にとって必要なメールを迷惑メールとして判定する場合があります。隔離された迷惑メールは一定期間隔離された後に自動的に削除されますので、隔離レポートのメールが届きましたら必ず隔離領域内のメールをチェックしてください。

迷惑メール対策サービスには、隔離されたメールを確認するポータル画面が用意されています。
迷惑メール隔離レポートに記載されたURLにアクセスするか、ログイン画面からメールアドレスと管理画面用のパスワードを入力してログインする事で、隔離されたメールの一覧表示や処理、各種設定を行うことができます。
ログイン画面からログインする場合はパスワードを設定する必要があります。

  • 迷惑メールフィルタ管理画面は以下のブラウザでご利用いただくことを想定しています。
    InternetExplorer11、Edge、Firefox、Google Chrome、Safari
  • 初めてポータル画面にアクセスするときは、隔離レポートに記載されたURLからアクセスしてください。

誤判定について

迷惑メール度の判定において、全てのメールを正しく判定する事はできません。
判定の基準となる情報は常に更新され、判定精度は日々向上していますが、
誤判定が連続して発生する場合誤判定窓口へメールをお寄せください。

判定精度向上のために利用させていただきます。
情報をお送りいただく際は下記の点にご注意ください。

  • 誤判定されたメールのヘッダ・本文全てを引用符を付けずに転送してください。
  • いただいた情報は社外の開発元へ提供します。
    社外へ提供できない情報が含まれる場合はあらかじめ削除してください。
  • 誤判定窓口はお寄せいただいた全てのメールを正しく判定する事を保証するものではありません。
  • 本窓口からメールを返信する事はありません。
  • いただいた情報はお返しいたしません。
誤判定窓口
mail-report@tam.ne.jp
届出番号(電気通信事業者):第D-08-119号
tam