Outlook 2013

初めて設定する場合(追加メールアドレスの設定)

Outlook 2013に初めてメールアドレスを設定する方法を説明します。
追加メールアドレスの設定も同じ手順で設定できます。

メールアドレスやパスワードなど電子メールの設定に必要な情報を記載した『登録完了のお知らせ』が必要になりますので、ご用意ください。
※『登録完了のお知らせ』は弊社からお送りしております。(サンプルはこちら

1. Outlook 2013の起動

Outlook 2013のアイコンをクリックして起動します。

2. アカウント情報

Outlook 2013が起動したら、メニューリボンの【ファイル】をクリックします。

「ファイル」の「アカウント情報」が表示されたら【アカウントの追加】をクリックします。

3. アカウント設定

「アカウントの追加」の画面が表示されるので、【自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)(M)】をクリックします。

「サービスの選択」の画面が表示されるので、【POPまたはIMAP(P)】をクリックします。

「POPとIMAPのアカウント設定」の画面が表示されるので、『登録完了のお知らせ』を元に、【ユーザー情報】等を入力します。

ユーザー情報
名前(Y) 任意のお名前
例)富山 太郎
電子メールアドレス 例)sample@tam.ne.jp
サーバー情報
アカウントの種類(A) POP3
受信メールサーバー(I) post1.tam.ne.jp
送信メールサーバー(SMTP)(O) post1.tam.ne.jp
メールサーバーへのログオン情報
アカウント名(U) 例)sample
パスワード(P) 例)12T34a5M
パスワードを保存する(R) チェックします
セキュリティで保護された
パスワード認証(SPA)を使用する(Q)
チェックしません

4. メールサーバーの設定

【詳細設定(M)】をクリックします。

「インターネット電子メール設定」が表示されますので、【送信サーバー】のタブをクリックします。

【送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O)】にチェックを入れ、【受信メール サーバーと同じ設定を使用する】が選択された状態にします。
次に【詳細設定】のタブをクリックします。

【受信サーバー(POP3)(I)】を 995
【このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要(E)】にチェック、
【送信サーバー(SMTP)(O)】を 587
【使用する暗号化接続の種類(C)】を 自動 に変更し、【OK】をクリックします。

5. アカウント設定のテスト

【「次へ」をクリックしたらアカウント設定を自動的にテストする(S)】にチェックを入れ、【次へ(N)】をクリックします。

「テストアカウントの設定」の画面が表示され、アカウントのテストが始まりますのでしばらくお待ちください。
「すべてのテストが完了しました」と表示されましたら、【閉じる(C)】をクリックします。

「すべて完了しました」と表示されましたら、【完了】をクリックします。

以上で、メールの設定は終わりです。

tam